「Google Search Console」の記事一覧

Search ConsoleのURL検査ツールのスクリーンショット機能が仕様変更。MFI移行サイトはスマホGooglebotが常にレンダリング

Google Search Console URL Inspection モバイル ファースト インデックス (MFI) レンダリング

URL検査ツールのスクリーンショットは、パソコン用 Googlebot のレンダリングによって取得される。スマートフォン用 Googlebot のレンダリング結果を見るには “小技”が必要だった。ところが、レンダリングす […]

2019年7月からは、ユーザー体験を損ねる、Better Ads Standards違反の広告が世界中でブロックされる

Ad Experience Report Better Ads Standards Google Chrome Google Search Console

Better Ads Standards に準拠していない迷惑広告を非表示にする機能を米国とカナダ、ヨーロッパで Chrome が 現在実装している。この機能を、2019 年 7 月 9 日に全世界で有効にすることを G […]

CSSのダウンロードが遅すぎると、Search Consoleでモバイルユーザビリティの警告が出ることも

Google Search Console モバイルSEO モバイルユーザビリティ レポート

たしかにモバイルフレンドリーなはずなのに、Search Console のモバイル ユーザビリティ レポートでモバイルフレンドリーではないと警告が出ることがある。しかも、一部のページに対してだけだ。理由の1つとして考えら […]

新しいSearch Consoleはすべての404をレポートしない、影響を与える可能性があるエラーだけをレポートする

Google Search Console Index Coverage Status クロール エラー

新しい Search Console は、サイトに影響を与える可能性があるクロールエラーだけをレポートするようになっている。旧 Search Console は、Googlebot が検出したすべてのエラーをレポートして […]

Google Search ConsoleのURL検査にユーザーエージェントが追加。MFI移行の確認にも利用可能

Google Search Console URL Inspection User-Agent(ユーザー・エージェント)

Search Console の URL 検査ツールがそのページをクロールしたユーザーエージェントの情報を提供するようになった。モバイル ファースト インデックスに移行しているかどうかの確認に利用することもできそうだ。 […]

Search Consoleの対象範囲がMFIの状態をレポートするように変更される

Data anomalies Google Search Console モバイル ファースト インデックス (MFI)

Search Console の インデックスカバレッジ(対象範囲)が、モバイル ファースト インデックスの状況に基づいてレポートするようになった。モバイル ファースト インデックスに移行済みのサイトに適用される。特に、 […]

Googleリッチリザルト テストツールがコードスニペットによる検証をサポート。JavaScriptのレンダリング確認にも使える

Google Search Console Rich Results Test セマンティック検索

リッチリザルト テストツールで、コードスニペットによる検証が可能になる。現状では、URL を入力し公開されているウェブページの検証だけに対応している。、JavaScript を多用したサイトにとって役立つ使い道がリッチリ […]

ページの先頭へ