過去の存在にならないために

ネットだけでなく実業界においても、過去の存在になってしまわない
ためには、広告が使われます。体力のある大きな会社であれば、
テレビコーマーシャルや全国紙の広告スペースを使って、多額の費用
を広告、宣伝活動に投入することができます。


それを見た消費者は「買いたい」と思えば商圏内で買える店舗に足を
運ぶことでしょう。

全校的に広告・宣伝している会社の商品であれば大量生産されています。
全国展開の販売網が行き渡っています。

流通拠点があちこちにあり、各種の流通ルートによって商品が選ばれ
その先におびただしい数の小売店が位置しています。

それら商品の棚に商品が並べられ、来店客を待っています。
ですから、大量生産のメーカーマスメディアを介しての
自社の製品・サービスの認知向上に注力する意味があるのです。

そのための

マーケティング予算は潤沢です。
一度に莫大な費用のかかる広告や販促ができるのです。

そうすれば、それぞれの顧客が自分の移動可能距離内の店舗で、
自社の商品を選んでくれます。

顧客の心理からしても、どこが製造しているかわからない
不確かなものよりは、前もって信頼あるメディアから信頼
を得ている商品のほうが、購入するにも安心です。

買ってもらえる確立が高まるのですから、高額のコストを
広告にかけても、回収の見込みがたつわけです。

広告会社の調査報告では「バナー広告はクリックされても目に
触れるだけではブランディングに貢献する
といったこともいわれますが、小さな会社はそれを鵜呑みに
してはなりません。

目に触れられるだけの効果は、大手のみに通じることです。
小さなところは、広告をクリックされるだけでもダメ

サイト訪問後のユーザーの行動を重視するべきなのです。