自社商品に興味をもってもらうのに並大抵な努力では振り向いてもらえない

不況といえども、現在はモノに満たされています。
生活は豊かです。ですのでめったなことではなかなか関心をもってもらえません。

基本的には、人はいつも無関心な状況にあると心得ておいたほうがよいでしょう。

個人の好みや趣味はどんどん細分化されています。
そのため、商品をアピールしていくには、ピンポイントにて
絞りこまれたターゲットに上手に訴求していくことが大切といわれますね。

インターネットはカテゴリや属性での区別がしやすいメディアです。
ネット上の区分を効果的に活用し
ビジネスに結びつけたいものですね。

絞りこむためには、いったいどんなふうにしたらいいのか?
と考えてしまいますね。

ようするに誰に見てもらいたいのか・・
これでもか、というほどに絞りこみを徹底し、「他とは違うことをよっている」
と見せ付けましょう。

そうすれば、反響数をあげられますよ。