ネット販売機能とは

ネットを介して物やサービスを販売しようと思えば
相手がどんな情報に反応してどんなアクションを起こすのかを
無視できません。

販売機能について「ホームページは店舗、メルマガ・LINEは営業マン」
に例えられえます。

ホームページと店舗は、お客様から訪問してもらう「待ちの姿勢」
そしてメルマガ・LINE@営業マンは、自らお客様のところに「出向く」
ことになります。

アプローチは異なりますがどれも顧客に購買意欲を起こさせる販売力が必要です

でもネット世界と実世界では、販売力を構成する要素が違うのです。
できる営業マンや店員は、必勝トークを身につけています。

でもそれだけで買わせているわけではありません。
人間には五感があるのです。

ここに訴えることも意識しています。
相手は発せられる言葉を聞くだけでなく、見る、触る、嗅ぐ、味わうなどの感覚も使っているからです。

ネット世界で使われるのは、視覚がほとんどの言葉の世界
肝心なのは、相手がその文章や画像の情報を見てどう感じるか、
それによって意思決定がされるのです。