商圏のある実世界  商圏のない仮想世界

店が構えがあって商圏がある実世界は対象物の相対的価値と獲得
するためにかかる手間やコストのバランスがとれていないと
購入行動への意思決定がされません。

そしてさらに移動尾時間を短縮しようと思えば、乗り物を使うことを
考えますよね。
ですから、車で来店する顧客をターゲットとしたり駐車場のスペース
とったりと経費をかけて集客することになりますね。

ネットの仮想世界では

このよな「足を運ぶ」という行動がありません。
東西南北もなければ
ネット上での受注には24時間営業。地面や道路、空もない
車、電車、飛行機といった移動手段の乗り物もなく

商圏距離という概念がここでは存在しないのです。
実店舗とちがっていつか思いだして再訪問してくれるかもしれない
とか購入してくれた人が知人に口コミで宣伝してくれるかもしれないとか
楽観的になってはいけません。

ネットでは、一回一回が勝負なのです。お金の無駄遣いは避けたいものです。